2014年5月 のアーカイブ

訪問介護ヘルパーから信頼のある訪問マッサージ

2014年5月14日 水曜日

セラピストのスクールを選ぶ際はどんなところで決めていますでしょうか?

実績のあるスクールや自分のためしたいもの、自分がやってもらって成果が出たもの

そこからえらばれることも多いのではないでしょうか?

もちろんやりたいことを仕事とするという考え方もいいと思います。

それに対して、先にどんなお客様とかかわり合いを持ちたいのか?という目線から

考える方法もいいのではないでしょうか?

私の知人が訪問マッサージをやっています。

この仕事は、介護が必要な方や、寝たきりの方、動けない方を対象にしています。

どんな病気があるのかというと、脳梗塞、関節リウマチ、脊椎管狭窄症、脊髄症、ALS、

悪性症候群、レビー小体病などいろいろな病気の方が対象になっています。

これらの、対象者となる方に施術を行います。

施術を希望されたり、やってもらいたいと考えられている事は、麻痺されている側や、筋力低下により、拘縮がはじまっているような部分への施術。

マッサージにより可動域が狭くなったり、うごきにくくなることをふせいでいきます。

また、関節をしっかりと動かしてあげる事で、関節が硬くなっていく事を防ぐという役割も行っていきます。

また、医療保険が適用されるため、安価にて施術をうけえることができるようです。

身体的にも、経済的にも困られている方が対象になることがおおいので、施術をうけられるととても喜ばれる事が多かったり、ご家族からもとても感謝される事が多いようです。

この資格には 国家資格が必要です。

そのため、3年間はマッサージ指圧師の資格をとる養成校に通う必要があります。

このように、やりたい施術やセラピーから通う学校を決める事もいいですが、その方法ではなく、ニーズを見つけて、ニーズに対して興味が持てそうな資格をみつけて、

その資格がとれる学校を探すという方法もいいかもしれません。

あくまでも、セラピストになることが目的ではなくて、セラピストとして活躍していく事が大切です。

訪問介護のヘルパーに聞いた訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/