2010年7月 のアーカイブ

介護とセラピストスクール

2010年7月9日 金曜日

介護とセラピストスクール

介護の業界にもセラピストの存在が重要視されてきています。
ヘルパーや介護福祉士の資格を取得するよりもセラピストスクールに通って、
介護セラピストの認定を受けている人もいます。

セラピストスクールには、介護セラピストという介護のために
老人に特化した、専門的な知識を身に付けることができます。
セラピストスクールの介護セラピストには、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月コースとあり、
コースによって履修できる科目が異なり介護の場で行うことができる内容が違ってきます。

最長6ヶ月で介護運動法やツボ療法、解剖学などを学ぶことができます。
セラピストスクールといったら、アロマテラピーなどのセラピーを思い浮かびますが、
介護でも活用できる科目があることには、びっくりです。

色んな業界でも活躍できるセラピストを育成する
セラピストスクールって、素敵に思います。
セラピストと簡単にいっても人を癒すことは、容易ではない職だと思います。

これからセラピストを育成するセラピストスクールが
もっと世に知られていくといいですね。

今は様々なセラピーがあり、それらを学ぶセラピストスクールも全国に存在します。
介護に関わる仕事をしたい、またすでにそういった仕事をされている人は、
一度それらのセラピストスクールの情報をインターネットで調べてみてはいかがでしょうか?

医療とセラピストスクール

2010年7月5日 月曜日

医療とセラピストスクール

医療業界といってもとても幅広いものなんだと実感しました。
看護学校に通っている私は、今日の授業でセラピストスクールの話を聞きました。
セラピーは、私たちが行うような治療を目的とした行為ではなく、
癒し、ヒーリングを目的とした行為を行うというものでした。

セラピストになるための講座を行っているセラピストスクールは、
専門学校形式のもの、サロンで講座をされているものなどがあるそうです。

セラピーには、たくさんの種類があり、私たちがよく知っているアロマセラピーや
カラーセラピー、ボディマッサージなどの他に
がん患者さんに対応できるセラピストを育成しているセラピストスクールもあるそうです。

がん患者さん行うことは、むくみを和らげるケアや
症状との付き合い方などを指導されているというのです。

看護とセラピーはとても関係の深いものだと思いました。
できることなら、看護師の免許を取り、セラピストスクールにも通ってみたいと思ったのです。

病は気からと言いますので、セラピストスクールの講座を受け
看護に役立つ知識を身に付けることができたら、
これからの看護にも活用できると思います。

あなたがこれから医療にかかわる仕事をしたいと思っている、もしくは
すでに医療に関わる仕事をされているのであれば、そういったスクールに通ってみるのも
いいのではないでしょうか?