‘選ぶときの注意’ カテゴリーのアーカイブ

根本的なもの

2014年3月15日 土曜日
何か習いたいとは思いつつも、あまり興味を引くスクールもなく。ここ15年でかなりのスクールが設立され乱立。同じ様なセラピーの内容で、セラピーの名前をそれぞれ変えているだけ。あとキャッチコピーとか、考えてるわ~と呆れ半分感心。カリキュラムの内容が充実しているか、高額すぎないか。修了後の就職の話なとが良い事ばかりいってないか。そこあたりが ポイントになるとおもいます。今は質の幅がありすぎるセラピストが溢れているので、上手く活用できないでいる人は、残念なスクールに行ってしまった確率が高いですね。もちろん自己責任なんで、憧れやミーハーで飛びつくと痛い目に遭います。新しいセラピーが誕生しようが、根本となるセラピーが必ずあります。そこを理解しないと新しいセラピーを学んでも上っ面な部分だけしか学べません。

ネットで調べてみよう

2014年2月10日 月曜日
セラピストのスクールといっても、美容・治療・リラクゼーションと様々な種類があります。例えば鍼灸マッサージスクール。鍼灸マッサージスクールでは、押す・揉む・叩くといった治療法でこれは国家資格となります。次にリフレクソロジースクール。リフレクソロジーは足の裏の反射区と呼ばれる部分をマッサージのように手で触れることにより身体全体の凝りや冷え性などを改善します。整体スクールでは筋肉や骨のバランスを取り戻すことで身体の機能を改善してくれます。アロマスクールでは、アロマは日本語で芳香のことで、アロマセラピーは芳香療法といった意味です。アロマは心や身体をリラックスさせたりと様々な作用があります。このようにセラピストでも色々なお仕事があります。スクール選びはネットで検索するとあらゆるスクールが紹介されているので、調べてみてください。

チェックポイントは?

2014年1月20日 月曜日
セラピストだけに限定されることではなくどんな資格でも言えることだと思いますが、スクール選びをする場合は知っておきたい、確認しておきたい大切なチェックポイントがあると思います。私も昔スクールに通った経験がありますが、やはりスクール選びには悩みました。私も実際に説明会に行って広告などに明記されている内容とスクールの説明に違いがないか確認をしました。スクールの雰囲気や先生の雰囲気と自分に合うのか実際に説明会に行って確認をする。またカリキュラムの内容も重要ですね。気になるのが費用ですね、提示された金額以外にかかるお金はないか、確かめる。またムリなく通える場所のスクールを選ぶのも大事ですね。このようにスクール選びでチェックするポイントはたくさんあります。

民間資格だけでなく

2013年10月21日 月曜日
私が今まで色んな民間資格を得て、仕事に生かしてきたのですが、今思うに…医療か福祉の国家資格とっておけば良かったと思ってます。医療の現場からセラピストへ。可能性は広がります。民間資格ばかり持っていても肩書きくらいにしかなりません。看護師やPTなど、私が今思うにこの国家資格があれば…と。民間資格取得に注ぎ込んだ金額あれば通えたかも。国家資格なんていつでも取れるなんて大間違い!時間やお金の余裕のあるうちに気づけば良かったものを。ただなければ困るわけではないので、活動の可能性が国家資格があれば広がるというだけ。自分がなりたい事に対して、講座で民間資格取得だけでいいのか?せっかくお金をかけるのならちゃんと考えてみてはどうですか?協会団体が無くなれば 修了証も紙切れ同然になっちゃうので。

何を基準にしますか

2013年9月9日 月曜日

セラピストのスクール。今は沢山の雑誌にスクール案内が載っています。学びたい内容や金額や期間などみなさん希望はそれぞれですが、セラピー関係やエステ関係もスクールの受講料は高いです。ちょっと高すぎやしないか?と思うスクールが割とあります。外国人の講師を招いてだと、びっくりするくらい高い。通訳介して話を聞くのは効率が悪い。カリスマであろうと挨拶程度でよい。雰囲気だけでもモチベーションは上がるかもしれないので、できる日本人の弟子の先生があとは仕切ってくれればいいです。たしかにその先生が来てくれるだけ価値があるから、その分受講料が高いのかもしれません。ある説では、セラピーは簡単ではないから、誰でもではなく受講料を高くして、この金額を払ってまでも学びたいという志しを持った人に来てもらいたい。と言う理由もききます。確かにわからないでもありませんね。

目標・目的は明確に

2013年5月19日 日曜日

セラピストのスクール選びで大切なのが、目標や目的を明確にする!それが上手なスクール選びのコツだと思います。セラピストのスクールに通っている方は、転職やまたは将来のことを考えてスキルアップのためにと人気があるみたいですよ。また“趣味として楽しみたい!” のか“転職やスキルアップのため!” なのかスクールに通うきっかけや目的は人それぞれです。何にせよ、どんなセラピストになりたいかを考え想像してみることは、良いことだと思います。そう考える、想像することで自分が望むスクールも絞られてくるのだと思います。また口コミをチェックしたり、料金や講師の質だったりと今はわかるので口コミも参考程度で確認してみても良いと思います。

講師の質

2013年4月2日 火曜日

講師の質によってかなり違います。自信過剰やワンマン、適当。たまにそういう残念な講師をみます。私が教えてあげてるのよ、みたいな講師は、どうみても講師の意味を履き違えた痛い方なので、関わらない方がいいです。生徒さんと一緒に学んで行く姿勢でなければいけないのです。講師の威厳って、上から言うばかりではありません。生徒から嫌悪されますよ。一緒に学ぶ姿勢や出来るまで付き合う姿勢が尊敬できる講師なのです。そういう人は少ないように見えます。類は友を呼ぶ。同じ穴の狢。残念な講師から教えられた生徒は、すぐ自分が独立ができると勘違いしたり、きっとサロンワークでもいい加減さや横柄になるんだろうなと思っています。そういう人は、バっキバキに挫折すればいいのに。と思っています。まあ挫折したらセラピスト辞めるでしょうが。講師の質はスクールの質でもありますから、講師も要チェックです。

気をつけることは

2013年3月5日 火曜日

セラピストというお仕事は様々なストレスから疲れを癒すお仕事です。その癒し方もまた様々な種類があるので、まず自分はどの分野で活躍したいのかを決めないといけませんよね。あなたにぴったりなセラピーを探すことです!それからスクール選びをしましょう。自分に合うスクールを選ぶにはどうすれば良いのか困るという方も多いと思います。例えば知り合いに現役でプロセラピストとして活躍していらっしゃる方がいれば、どのスクールがいいのか参考になるお話しをうかがえることができるのでいいと思います。またネットでいろいろ調べたりすることも出来ます。ただネットだけでの情報では分かりにくい部分も多いので、直接スクールへの説明会などに行かれるのがいいと思います。スクール説明会での校風や雰囲気もスクール選びのポイントにもなりますよね。中には半ば押し売りの形で契約をとろうと帰さないというスクールもあると聞いたこともあるので、くれぐれも気をつけましょう。

受講料

2013年1月5日 土曜日

いまだにセラピストのスクールの受講料の高さにはビックリします!国家資格が取れるわけでもないのに、このカリキュラムでこの金額。なんだこれ????と思うスクールも多いです。理論もそこそこ、実技も実習もそこそこ。受講料だけでは 終わらない話もあります。研修だといい国内海外へ行く場合や、関連商品を購入させるなどあります。本人が納得しているならこの話は必要ありませんが、おかしい…と思ったらそれはおかしいと思っていいと思います。 スクールを選ぶ際に受講料の他にはかからないか、何か購入しなければいけないのか?など。後でしまった!と思わない為にも自分の身は自分で守りましょう。一日体験とかあれば行くといいですが、それですべて分かる訳ではないですが。スクール側は生徒獲得の為に良いことばかりしか言いません。それも危険。マシンガントークでこちらに話す隙を与えさせないのも危険。グレーすぎる内容ではないか?も検討の材料の一つです。中にはちゃんと適正に設定してあるスクールがありますから、自分の五感をフル活用していって下さい。

セラピストになる!

2012年12月26日 水曜日

セラピストのスクール選びをするまえに、まずセラピストという仕事はどんなものなのか果たして自分はセラピストに向いているのか?と悩んだりする方もおられるのではないでしょうか。人には向き不向きがありますよね。特にセラピストのお仕事は誰にでもこなせる職種ではないと思います。人の気持ちを感じとることのできる方でないとつとまらないお仕事です。それはどの種類のセラピストも共通していると思います。セラピストとは様々な資格やお仕事があります。例えばアロマセラピストやリフレクソロジーセラピストやカラーセラピスト、フラワーセラピスト、アニマルセラピスト、リンパセラピスト等々セラピストといっても、内容が随分と異なり適性にも違いは出てくると思います。スクールを選ぶ際はそのセラピストの適性を知ることが大事だと思います。